世界で一番臭い!シュールストレミングを食べた感想!

こんにちは、中の谷のナウシカです!

世界で一番臭い食べ物と言われるシュールストレミングを食べてきました!

f:id:bz-badcommunication-nak:20170811151301j:plain

シュールストレミングとは

シュールストレミングとは塩漬けニシンの缶詰めのことです。

この缶詰めがなぜこんなにも臭いのかを順に解説していきます。

中世ヨーロッパでは魚を塩漬けにして保存していたらしいのですが、

スウェーデンは北欧に位置しているため塩を作るために必要な日射と薪が不足していたとのこと。

それでも何とかして塩漬けにしようと考えたスウェーデンの人々は思い付きました。

そうだ!塩水に浸ければ少しの塩で大丈夫なんじゃないか!?

こうしてスウェーデンの人々は塩水に浸けるという方法で塩漬けの腐敗を防ぐことに成功しました。

しかし

腐敗は防げても発酵は防げなかった!

こうして腐敗を防ぐ代償として生じる発酵により強烈な臭いが発生するのです。

しかも恐ろしいことに缶詰めの中で発酵し続けるので缶の中にガスがたまり、

そのガスが缶を開けるときに中の汁を飛び散らせ臭いを周囲に拡散してしまうのです。

これがシュールストレミングの臭いの正体です。

臭いがキツすぎるので屋外で開けるようにと注意書もされています。

f:id:bz-badcommunication-nak:20170811151438j:plain

シュールストレミングの臭いはどんな臭い?

シュールストレミングの臭いはひとことで言うと

漁港でウ○コしたときの臭いです。(人によって感じ方は違うと思いますが)

僕は蒲郡市の形原という町で生まれました。

形原は海に面していて漁港も家から近かったですが、

シュールストレミングの臭いを嗅いだときにどこか懐かしい感じがしました。

ウ○コ臭さは強烈でしたが、港町に住んだことのある人なら漁港の生臭い臭いを思い浮かべて、そこにウ○コをプラスするとシュールストレミングの臭いになりますよ!

 シュールストレミングっておいしいの?

シュールストレミングはナウシカ的には

おいしくはないけどめちゃくちゃ不味いわけではない

という感想を持ちました。

味は塩辛を何倍にも濃くした味にウニの数十倍の生臭さをプラスした味です。

塩辛の味は割と平気なのですが、生臭さが口だけでなく喉や鼻の奥までじわぁっと広がっていく感覚が気持ち悪いです。

しかしまぁ予想していた程ではなかったです。

バラエティーやユーチューバーの使っているシュールストレミングは発酵させまくったものを使っていることが多く、

今回いただいたシュールストレミングは開ける直前まで冷やして発酵を抑えていたためかもしれません。

オススメ!シュールストレミングの食べ方

ここまで良いところ無しのシュールストレミングですが、食べ方によってはマイナスをゼロにすることはできます。

今回試したのはクラッカー、チーズ、カレーのスパイス、担々麺、蕎麦の5つです。

この5つの中でオススメは

カレーのスパイス 担々麺

f:id:bz-badcommunication-nak:20170811170207j:plain

f:id:bz-badcommunication-nak:20170811165332j:plain

両者に共通しているのは

辛さで生臭さを抑え込む!という所ですね。

クラッカーやチーズにシュールストレミングの塩っぽさは確かによく合うのですが、

どうしても生臭さがあとからやってきます。

その生臭さに打ち勝てる濃い味を持ったものと食べると良いかもしれません。

まぁそこまで濃い味のものと食べるとそもそもシュールストレミングを食べてる意味が無くなってしまいますが(笑)

まとめ

非日常な体験をしたいひとは是非シュールストレミングを食べてみましょう!

缶を開けるときのドキドキ感、口に入れるときの死ぬんじゃないかという絶望感はなかなか味わえません!

特に美味しいわけではないですが!

読んでいただきありがとうございました!

では(o・・o)/~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)