僕が日常生活で風呂敷を使う理由

こんにちは、中の谷のナウシカです!

僕は普段から風呂敷を愛用しています。

f:id:bz-badcommunication-nak:20170826220311j:plain

このだるまくんの風呂敷を使っています。

これで日本各地の美術館を巡っています(笑)

なんで風呂敷なんて使ってるのか疑問に思われたかもしれません。

僕が風呂敷を使う理由、それは

  • 会話のきっかけ作りに最適
  • 記憶に残る
  • 旅行で便利

という3つの理由です。

会話のきっかけ作りに最適

これまでいろんなイベントで初対面の人と話す機会があったのですが、

最初の会話がどうも形式ばった感じになってしまうことが悩みでした。

「どこから来たんですか?」とか「趣味とかありますか?」とか。

聞いたわ良いけどその後の会話が続かねーってことが何度もありました。

そんなときに風呂敷を使っているとほぼ間違いなく

その鞄かわいいですね!風呂敷ですか⁉」と聞かれます。

こうなったらシメたもので、風呂敷で大学や美術館に行っていることなどを話すとお互いの自己紹介へと自然に繋がっていきます。

実際、18切符で旅をしている最中に電車のなかでこうやって話しかけられることはよくあります。

僕に興味を持ってわざわざ話しかけて頂くのですごく気分もよくなります。

記憶に残る

風呂敷を使っている人に出会うことはめったにありません。

なので、たまたま知り合った人が風呂敷を使っているというだけでその人にとって100万分の1くらいのレアな人物となり、記憶に残してもらえます。

たとえ数日経って忘れられてしまったとしてもどこかで風呂敷を目にする機会があれば、

「そういえば前に風呂敷使ってた人いたなー」と思い出してくれるかもしれません。

風呂敷を使っているというだけでちょっと人と違うと認識されるので、

人と同じことをつまらないと思う人にはもってこいです。

旅行で便利

風呂敷はご存じのように布なので小さく畳むことができます。

なので、風呂敷の中に風呂敷を入れておくことでちょっと荷物が増えたときや、手提げかばん欲しくなったときにささっと取りだし、鞄にすることができます。

便利なのが旅行の帰りに温泉によるときです。

おおきな鞄を持って温泉にいくのはなにかと煩わしいです。

そんなときに風呂敷があると必要最低限の荷物で行くことができます。

鞄を持ち歩いているにも関わらず、その鞄で場所を取らない点が風呂敷の便利な所です。

『polca』で新しい風呂敷を購入する資金を募集しています

今話題のサービス『polca』で唐草模様の泥棒風呂敷を購入する資金を集めています。

f:id:bz-badcommunication-nak:20170826225047p:plain

現状、¥600/¥2000 集まっています。

こんなしょーもない企画に支援していただき大変うれしいです。

企画締め切り後に支援者様としてブログとツイッターにて紹介させていただきます。

風呂敷くらい自分で買えよって思われるかもしれませんが、

5円玉を5円で売るおじいちゃんの話のように、これを通じてコミュニケーションが生まれたり、信頼関係が生まれること、

この企画を見てくれた人が風呂敷という選択肢を知ることができることに価値があると考えています。

以上、僕が風呂敷を使う理由 でした!

読んで頂いてありがとうございました!

では (*・ω・)ノ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)