世界一ざっくりとブロックチェーンについて説明する

こんにちは、1日1つ新しい知識を身に付ける中の谷のナウシカです。

「ブロックチェーンって最近よく聞くけどなんなの?」「雰囲気だけでも知っておきたい!」という方に向けて、ざっくりとブロックチェーンの概要を説明していきます!

ブロックチェーンとは超ざっくりと説明すると、色々なデータをひとかたまりのブロックにして、ブロックと別のデータのブロックをチェーンのように繋げてできた、ドでかいデータのかたまりのことです。

言葉で説明するのも難しいので絵を見てください。

f:id:bz-badcommunication-nak:20180101235133j:plain

青マルの部分が次のブロックに繋がっているのが分かりますか?(青マルの部分をヘッダーといいます)

青マルは「データのハッシュ値」「前の青マルのハッシュ値」「ナンス」から生成されます。

その青マルを鎖のように繋げていくのです

このブロックどうしの繋がりが永遠と続いていきます。

とりあえず「ハッシュ値」とか「ナンス」が何なのかは置いておきます。データを数値化したようなものだと思っておいてください。

気になる方は下の記事を参考にしてください。↓↓

世界一ざっくりとハッシュ値について説明する
世界一ざっくりとPOWとビットコインのマイニングについて説明する

ざっくりとブロックチェーンがどんなものなのかお分かりいただけたでしょうか??

さらっと全体を把握したうえで他のブロックチェーン解説記事を読むとより理解が深まると思います!

参考になれば幸いです!

コメント、Twitterのフォローもお待ちしております!

では(^^)/~~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)