世界一ざっくりとブロックチェーンについて説明する

 

こんにちは、ブロックチェーンに未来を感じるブロガーナウシカです。

 

ブロックチェーンって最近よく聞くけどなんなの?
怪しいものなんじゃない?

雰囲気だけでも知っておきたい!

 

この記事ではこう思っている方に向けて、ブロックチェーンとは何なのかを世界一ざっくりと説明していきます!

 

なるべく専門用語は使わずに、日本語さえ読める人ならだれでも理解できるように説明していきますのでご安心を!!

 

 

ブロックチェーンとは何なのかをひとことで説明すると、

まず、いろいろなデータをひとかたまりのブロックにします。

つぎに、ブロックと別のブロックをチェーンのように繋げていきます。

こうしてできた、ドでかいデータのブロックのつながりのことをブロックチェーンといいます。(ひとことじゃないっすね)

 

言葉で説明するのも難しいので絵を見てください。

f:id:bz-badcommunication-nak:20180101235133j:plain

青マルで囲まれた部分が次のブロックに繋がっているのが分かりますか?(青マルの部分をヘッダーといいます)

 

青マルは「データのハッシュ値」「前の青マルのハッシュ値」「ナンス」という3つのものから作られます。

とりあえず「ハッシュ値」とか「ナンス」が何なのかは置いておきますね。データを数値化したようなものだと思っていただければ大丈夫です。

関連記事:ブロックチェーンのハッシュ値とは?世界一ざっくりと説明するよ!

関連記事:PoWやマイニングを知らないくせに仮想通貨を語ってるの?世界一ざっくりと解説!

 

そして、この青マルをつぎつぎとつなげていったものを「ブロックチェーン」と呼ぶのです!

ざっくりとブロックチェーンがどんなものなのかお分かりいただけたでしょうか??

ブロックチェーンがどんなものなのかを知ったうえで、ブロックチェーンを解説しているほかの記事を読むと、より理解が深まると思います!

 

ブロックチェーンには実はいろいろと種類があります。詳しくは下記の記事で説明してます!

関連記事:代表的な3つのブロックチェーンの種類をまとめたよ!

 

 

参考になれば幸いです!

コメント、Twitterのフォローもお待ちしております!

 

では(^^)/~~

 

関連記事:仮想通貨に不安はありますか?ビットコインの安全性を分かりやすく解説!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)