ブロックチェーンのハッシュ値とは?世界一ざっくりと説明するよ!

 

こんにちは、ブロックチェーンに未来を感じるブロガーナウシカです。

 

ブロックチェーンのブロックの中にハッシュ値というものが登場してきました。

関連記事:世界一ざっくりとブロックチェーンについて説明する

 

この記事ではこのブロックチェーン技術に関連したハッシュ値というものについて説明します!

ハッシュ値はデータが改ざんされたかどうか判断するときに便利なものなのです!

関連記事:仮想通貨に不安はありますか?ビットコインの安全性を分かりやすく解説!

 

ハッシュ値の前にハッシュ関数を知ろう!

 

ハッシュ値の説明に入る前にハッシュ関数というものの説明をさせてください!

 

ハッシュ関数とは、データをハッシュ値という数値に変えてしまうもののことです。

インターネット上ではデータを数字として扱います。データの数字に特別な計算をすることでハッシュ値という値にかえてしまいます。

このハッシュ関数で行う計算は電卓でできるような簡単な計算ではなく、次のような決まりのある難しい計算です。

 

  1. 入力する値が少しでも変わると、計算結果の値がまったく違うものになる
  2. 計算結果から入力する値を求めることがむちゃくちゃ難しい

 

データの値をこのような決まりの下で計算し、はじき出された値をハッシュ値と言うのです。

 

つまり、データが改ざんされるとハッシュ値が全然違う値になるハッシュ値が同じになるように偽物のデータを作ることができないということです。

 

f:id:bz-badcommunication-nak:20180102164328j:plain

 

 

ハッシュ値はどう役立つのか?

 

データを送る側、受け取る側の二人がいる場面を思い浮かべてみてください。

 

  1. データを送る側の人はハッシュ関数を使って送るデータのハッシュ値を求めます
  2. 求めたハッシュ値と送りたいデータを一緒に受け取る側へ送ります。
  3. 受け取る側はデータを受け取ったら、送る側の人と同じハッシュ関数を使って送られてきたデータのハッシュ値を求めます
  4. 受け取る側の人は、自分が求めたハッシュ値と送られてきたハッシュ値を照らし合わせハッシュ値が同じならそのデータは改ざんされていないハッシュ値が異なっていたらそのデータは改ざんされていると判断することができます。

 

 

 

実際はデジタル署名の仕組みを使って、データとハッシュ値を秘密鍵で暗号化し、受け取る側は送る側の公開鍵で復号化する仕組みになっています。

なのでハッシュ値とデータの両方が途中で改ざんされていたとしても改ざんを判断することができます。

 

 

まとめ

 

  • ハッシュ値:データを特別な計算方法で数値化したもの
  • ハッシュ値の特徴:データが改ざんされているかどうか判断できる

 

 

ハッシュ値の仕組みについて理解することができたでしょうか??

お役に立てれば幸いです!

では、(@^^)/~~~

 

次の記事>>PoWやマイニングを知らないくせに仮想通貨を語ってるの?世界一ざっくりと解説!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)