PoWやマイニングを知らないくせに仮想通貨を語ってるの?世界一ざっくりと解説!

 

こんにちは、ブロックチェーンに未来を感じるブロガーナウシカです。

 

ビットコインや仮想通貨に投資したはいいけど、実際こんな状態の人も多いのではないでしょうか?

 

Twitterでみんなが言ってるPoWとかマイニングっていまいちわかんないぜぇ!!

 

ぼくはPoWやマイニングの仕組みすら知らずに仮想通貨に手を出すのはアホとしか思えないのですが、中には知らずに大量の仮想通貨を買う人もいるようです。

 

そこで今回は仮想通貨を買う前に少しでも知っておいてほしい、

ビットコインでお金のやりとりが正しく行われていると確認する仕組みPoW」と、

ブロックチェーンのブロックを新しく作る仕組みマイニング」の2つについて説明します!

 

 

ブロックの中にある「ナンス」とは?

 

まずはブロックチェーンのブロックの中身を思い出しましょう。

ブロックは「前のブロックのハッシュ値」+「データのハッシュ値」+「ナンス」で作られるのでした。

関連記事:世界一ざっくりとブロックチェーンについて説明する

関連記事:ブロックチェーンのハッシュ値とは?世界一ざっくりと説明するよ!

 

ここでのデータはお金のやりとりの記録を指しています。

例えば、AさんがBさんに100BTC送ったというようなやりとりです。

 

PoWを理解するために、まずはナンスというものを理解しましょう!

 

ナンスとは、ナンスも含めたブロック全体のハッシュ値を計算したときに、先頭に0がたくさん並ぶように上手いこと見つけた数値のことです。

ブロック全体のハッシュ値をなるべく小さい値にしたいんですよね。

(たくさんの0とは2017年12月現在では0が18個です)

 

分かりにくかったら絵を見てください!

f:id:bz-badcommunication-nak:20180102172656j:plain

 

ハッシュ関数は、ハッシュ値から逆算してデータの値を求めることができない決まりでした。

 

つまり、ナンスの値を求めるための決まった方法は無く、しらみつぶしに調べるしかありません。

 

 

PoWとは?

 

先ほど「しらみつぶしに求めるしか方法がない」と言ったナンスの値が無事に求められると新しいブロックが作られます。(まだチェーンには繋がっていません!)

 

次に、今作られた新しいブロックに不正がなく、正しいものかどうかネットワーク参加者全員で確認します。

ネットワーク参加者の過半数がOKを出せば、これまでのブロックチェーンに今作られた新しいブロックを繋げられるのです。

関連記事:【仮想通貨初心者あるある】仮想通貨のネットワークにはどの時点で参加したことになるの??

 

つまり、お金のやりとりがちゃんと行われているかどうかを全員で監視する仕組みとなっているのです!

ビットコインの安全性については以下の記事でよりくわしく解説しています!

関連記事:世仮想通貨に不安はありますか?ビットコインの安全性を分かりやすく解説!

 

この新しいブロックを生成する一連の流れを「PoW(Proof of Work)」 といいます。

 

PoWのメリット、デメリット、PoW以外のブロックを作る方法について以下の記事でまとめています。

関連記事:代表的な4つのコンセンサスアルゴリズムのメリット・デメリットまとめ

 

 

 

マイニングとは?

 

ビットコインでは新しいブロックを作った人 (一番最初にナンスの値を見つけて、過半数に認められた人) に報酬としてビットコインが与えられます。

このように、新しいブロックを生成してビットコインを得る作業のことを「マイニング」と言います。

 

 

まとめ

 

  • ナンス:ブロックチェーンのブロックのハッシュ値を小さくするために必要な値。しらみつぶしに求めるしか見つける方法は無い。
  • PoW:ナンスを見つけて過半数の承認を得ることで、新しくブロックを作る一連の流れ。ビットコインの安全性を保障している。
  • マイニング:新しいブロックを作ってビットコインをもらうこと

 

 

PoWについて理解することはできましたか?

PoWのように、お金のやりとりが正しく行われているかどうか確認する仕組みは他にもいろいろあります。下記の記事で解説していますので、ご覧ください!

関連記事:代表的な4つのコンセンサスアルゴリズムのメリット・デメリットまとめ

 

では(^_^)/~

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)