世界一ざっくりとビットコインの安全性について説明する

こんにちは、1日1つ新しい知識を身に付ける中の谷のナウシカです。

 

今回はブロックチェーン、PoWとビットコインのマイニングを踏まえた上で、ビットコインの安全性をざっくりと説明します!

 

ビットコインの安全性は次の2つの問題をいかにして解決するかに懸かっています。

  1. 取引データが改ざんされないか (送金金額を勝手に変えられる等)
  2. 二重支払いを防ぐことができるか (通貨データをコピーして別の支払いに使用できると通貨の価値が全くなくなってしまいます。)

(手数料、エネルギー問題、価格変動リスクなどもありますがここではブロックチェーンとPoWによって保証される安全性を取り上げています。)

ブロックチェーンやPoWがこの2つの問題を(ほぼ)解決しているのです!

 

ブロックチェーンによりビットコインは改ざんされにくい

 

ブロックチェーンのブロックの中身を見てみましょう。

f:id:bz-badcommunication-nak:20180101235133j:plain

例えば、ブロック1のデータが改ざんされたとします。

するとまず、データのハッシュ値が変わってしまいます。

世界一ざっくりとハッシュ値について説明する

そのためブロック1全体のハッシュ値の値が変わってしまい、繋がるブロック2のハッシュ値も変わってしまいます。

以後ブロック3、ブロック4、…とブロック1より先のブロックのハッシュ値が全て変わってしまいます。

f:id:bz-badcommunication-nak:20180106085439j:plain

ここで、ブロックを生成するためにはナンスの値を求める必要があったことを思い出してください。

f:id:bz-badcommunication-nak:20180102172207j:plain

データを改ざんしようと思ったらブロック1より先の全てのブロックのナンスの値を求めないといけません。

ここで大切なルールを紹介しておきます。実はビットコインのブロックチェーンには「一番長いチェーンだけを本物だと信じる」というルールがあるのです。

f:id:bz-badcommunication-nak:20180106204503j:plain

もし、悪者がデータを改ざんしようと思って改ざんした所から先のすべてのナンスの値を求めたとしたら、その段階で別のブロックになってしまっています。悪者は別の枝からチェーンを伸ばしているということです。

改ざんを成功させるには、悪者の伸ばしている別のチェーンがその他大勢のマイナーの伸ばしている一番長いチェーンを追い越して最長を奪い取る必要があります。「一番長いチェーンだけを本物だと信じる」というルールを満たすことができないからです。

f:id:bz-badcommunication-nak:20180106210844j:plain

改ざんすること自体は不可能ではありませんが、すっごく大変なんです。

 

PoWで二重支払いを防ぐ

 

二重支払いとは、すでに使用したビットコインを再び使用することです。ビットコインの取引は秘密鍵を持っている人が署名しなければ使えないのでコインの不正使用は防ぐことができますが、秘密鍵を持っている人が同じコインを2つの取引で使用することを防げません。ビットコインはブロックチェーンプルーフ・オブ・ワークを導入することにより、二重支払いを防ぐ仕組みとなっています。

https://bitflyer.jp/ja-jp/glossary/doublespend

きれいに説明してくれています(笑)

かみ砕いて説明すると、PoWとはマイナーが作成した新規ブロックが正しいものなのかどうかをネットワーク参加者全員で確認し、過半数の51%がOKと言えばそのブロックを正式なものとして承認する仕組みでした。

【仮想通貨初心者あるある】仮想通貨のネットワークにはどの時点で参加したことになるの??

それにより、もし二重支払いがあったとしても確認する段階で問題となるブロックは除かれるようになっています。

PoWよくできた仕組みですね!

ブロックチェーンとPoWがどのようにビットコインの安全性を保証しているか理解できたでしょうか?まさに画期的な仕組みですよね。

では(^^)/~~~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)