代表的な3つのブロックチェーンの種類をまとめたよ!

 

こんにちは、ブロックチェーンに未来を感じるブロガーナウシカです。

 

この記事はブロックチェーンの種類をまとめています!

ブロックチェーンと一括りにされがちですが、実はいくつか種類があるんですよね。

 

  • パブリックブロックチェーン
  • プライベートブロックチェーン
  • コンソーシアムブロックチェーン

 

今回はこれら3つのブロックチェーンの特徴、メリット、デメリットを説明していきます。

関連記事:世界一ざっくりとブロックチェーンについて説明する

 

パブリックブロックチェーン

 

パブリックブロックチェーンの特徴

 

  • メインの管理者が存在しない
  • ネットワークに誰でも自由に参加できる
  • 誰でも自由にブロックを作ったり、新しいブロックをチェーンに繋げることができる

 

「ブロックチェーンによって中央管理者がいらなくなって分散化が進むよ!」

という言葉をよく耳にしませんか??

この言葉に出てくるブロックチェーンはパブリックブロックチェーンのことを指しています。

パブリックブロックチェーンのことを非許可型ブロックチェーンと呼ぶこともあります。

ビットコインで用いられているブロックチェーンもこのパブリックブロックチェーンです。

 

なので、

ブロックチェーンによって中央管理者がいらなくなって分散化が進むよ!

とドヤ顔で言われたら

あぁ、パブリックブロックチェーンのことね!!

と返してやりましょう!!

パブリックブロックチェーンのメリット

 

  • メイン管理者がいらない
  • 改ざんがむずかしい

 

完全にオープンであるため一見すると、だれでも改ざんができてしまうと思われがちです。

しかし、コンセンサスアルゴリズムを用いて不正がはたらかないような仕組みがちゃんと取り入れられています。

オープンであるということは裏を返せば監視の目が厳しいことでもあるのです。

関連記事:代表的な4つのコンセンサスアルゴリズムのメリット・デメリットまとめ

パブリックブロックチェーンのデメリット

 

  • 取引の承認に時間がかかる
  • ブロックチェーンの仕様を変えるのが大変
  • 個人が特定された場合にすべての取引履歴が分かってしまう

 

ネットワークに誰でも自由に参加できてみんなが対等な立場なので、合意と取るのに時間がかかったり、仕様変更しようと思ったら意見の対立が出てくることもあります。

また、ふつうならデータから個人を特定することはできないのですが、何らかのやり方で個人が特定されてしまったときにみんなが情報を見れるために取引履歴が丸わかりになってしまいます。

 

プライベートブロックチェーン

 

プライベートブロックチェーンの特徴

 

  • ただ一人(一グループ)の管理者が存在する
  • その管理者に認められた人がネットワーク参加者となり、ブロックを作っていく

 

仮想通貨XRPではプライベートブロックチェーンが使われています。

これから先、金融機関がブロックチェーンを利用して事業を行うとしたらパブリックブロックチェーンではなく、こちらのプライベートブロックチェーンや次に紹介するコンソーシアムブロックチェーンを利用していくでしょう。

プライベートブロックチェーンコンソーシアムブロックチェーンを合わせて許可型ブロックチェーンと呼ぶこともあります。

中央の管理者に許可をもらわないとネットワーク参加者になることができないからです。

プライベートブロックチェーンのメリット

 

  • 取引の承認が短い時間でおわる
  • ブロックチェーンの仕様変更が簡単にできる

 

パブリックブロックチェーンより圧倒的に少ない一部の参加者の間で新しいブロックに不正がないかどうか確かめれば良いので、取引が短い時間でおわります。

また、参加者が少なく合意がすぐに得られるので、ブロックチェーンの仕様を変更しやすいのです。

プライベートブロックチェーンのデメリット

 

  • カウンターパーティーリスク
  • 情報の不透明性が高い
  • 「分散的」ではない

 

管理者がいるので、もし管理者に問題が発生してしまったときに取引が正しく行われない可能性があります。(これをカウンターパーティーリスクという)

また、ビットコインが革命的だと言われた理由は中央機関を持たなくても通貨として成立したからです。

しかし、プライベートブロックチェーンを利用した仮想通貨はあくまでも中央機関ありきの通貨なので、従来の円やドルと近いものだと考えられます。

 

コンソーシアムブロックチェーン

コンソーシアムブロックチェーンの特徴

 

  • 複数の管理者が存在する

 

プライベートブロックチェーンでは管理者は単独でした。

コンソーシアムブロックチェーンでは管理者が複数存在しているのです。

パブリックブロックチェーンのメリット

 

  • プライベートブロックチェーンのメリットを持っている
  • プライベートブロックチェーンより改ざんが難しい
  • プライベートブロックチェーンより情報がクリア

 

プライベートブロックチェーンのデメリットを補うような存在と見るとイメージしやすいかと思います。

 

コンソーシアムブロックチェーンのデメリット

 

  • プライベートブロックチェーンのデメリットとほぼ同じ(透明性は高くなっている)

 

 

まとめ

 

今回紹介したブロックチェーンの種類をさいごにまとめておきます!

 

  • パブリックブロックチェーン
  • プライベートブロックチェーン
  • コンソーシアムブロックチェーン

 

ブロックチェーンの種類について理解することができたでしょうか?

ブロックチェーン、ブロックチェーンって言われていたとしてもどういう目的でブロックチェーンを取り入れているのかを自分で考えることが大切ですよ!

 

では($・・)/~~~

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)