世界一ざっくりとDAGについて説明する

こんにちは、1日1つ新しい知識を身に付ける中の谷のナウシカです。

 

前回まではブロックチェーンをメインに扱ってきました。

今回はブロックチェーンの進化系として注目を浴びている『DAG』についてざっくりと説明していきます。

 

 

ブロックチェーンの問題点

 

現状、ブロックチェーンが抱えている大きな問題は、取引数が増えたことでブロックを生成したり、正当性を確認するマイナーの負担が増加していることです。

そのため取引手数料が高くなったり送金が遅くなったりしています。

 

DAGとは

 

DAG (有向非巡回グラフ) はブロックチェーンのマイナーの負担増加問題を解決する技術です。

どのように解決するかと言うと、

  • ブロックという概念を無くす
  • 取引をする人が他人の取引の正当性を確認する

この2点がポイントです。

 

ブロックという概念を無くした

 

DAGにおいてやりとりするデータはもろに取引のデータ(誰が誰にいくら送金したか+署名)です。

ブロックチェーンでは1つ前のブロックのハッシュ値やナンスが含まれていましたが、DAGでは登場してきません。

 

取引する人が他人の取引を承認する

 

次のような状況を考えてみます。

AさんがBさんに送金をしました。

その後、AさんBさんとは全く関係ないCさんがDさんに送金をしました。

この場合「AさんがBさんに送金した取引データ」はどうやって承認されるのでしょうか?

答えは、『CさんがDさんに送金したデータをネットワークに送信するときに一緒に「AさんがBさんに送金した取引データ」を承認する』です。

また、複数の取引データを承認しても良いので、もしCさんの取引より前に「EさんがFさんに送金した」データがあればCさんはそれを承認することもできます。

ブロックチェーンではブロックの前後に一本ずつの枝しか伸びていませんでしたが、DAGでは前後に何本もの枝が伸びているのです。

 

取引データが正しいものだと保証されるのか?

 

自分の取引を承認してくれた人がまた別の誰かに承認される、その人も別の誰かに承認される。その繰り返しによって自分の取引を間接的に証明してくれる人がどんどん増えていきます。

DAGではこのようにして間接的に多くの承認を得ることで、取引の正当性を保証しています。

 

DAGのメリット

 

  • 大量の取引データを処理できる
  • 承認スピードが速い
  • 改ざんが困難

ユーザー数が増えれば増えるほど取引を承認する人も増えるので、ブロックチェーンで問題となっていたマイナーの負担増加問題を解決したことになります。

 

DAGのデメリット

 

  • まだまだ不確定要素がたくさんある

DAGはブロックチェーンに比べるとはるかに歴史が浅く、これから先予想にしなかった問題に直面するかもしれません。

 

おわりに

 

ぼく個人的にはDAGに期待しています。というのもブロックチェーンの最大の特徴である「分散化」の流れを引き継いでいるからです。

プライベートブロックチェーンでマイナーの負担増加問題を解決する方法もありますが若干中央集権的な感じが否めません。

これからDAGがどう発展していくのか注目です。

では、🙋

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)