世界一ざっくりとスケーラビリティ問題とソフト、ハードフォークについて説明する

こんにちは、1日1つ新しい知識を身に付ける中の谷のナウシカです!

 

今回はビットコインのスケーラビリティ問題とその解決策、ハードフォークソフトフォークについてざっくり説明します!

 

 

スケーラビリティ問題とは

 

ビットコインのブロックチェーンではブロックの大きさが1MBと決まっています。1つのブロックに入る取引データ数に上限があるということです。

さらに、1つのブロックを生成するのに約10分かかるのでした。

そのため、ビットコインのユーザー数が増えて取引が多くなるとブロックに入りきらない取引データが増えてしまい、取引に膨大な時間がかかるようになってしまうのです。

この問題をスケーラビリティ問題と呼んでいます。

 

スケーラビリティ問題の解決策

 

スケーラビリティ問題の解決策には大きく分けて2つの方針があります。

  1. 仮想通貨自体の改良
  2. ブロックチェーン自体の改良

1の仮想通貨自体を改良する方法をソフトフォーク、2のブロックチェーン自体を改良する方法をハードフォークと呼びます。

 

ソフトフォーク

 

仮想通貨自体を改良するとは、例えば取引データを圧縮して一つのブロック内に入るデータ数を増やすことが挙げられます。これをビットコインではSegwitと呼んでいます。

ソフトフォークの特徴は次の2点です。

  • いったんはブロックチェーンが分岐するが、一番長いチェーンのものに落ち着く
  • 分岐前の通貨と分岐後の通貨に互換性がある

よく「ビットコインが分裂した」と耳にしますが、ソフトフォークでは分裂はしませんので気を付けましょう!

 

ハードフォーク

 

仮想通貨自体を改良するソフトフォークに対し、ブロックチェーン自体を改良する方法をハードフォークと言います。具体的には、ブロックを大きくすることで一つのブロックに入る取引数を増やすことです。

ビットコインが分裂してビットコインキャッシュが登場したのはこのハードフォークが起こったからです。ビットコインキャッシュではブロックのサイズが1MBから2MBと大きくなっています。

ハードフォークの特徴

  • ブロックが分岐して、完全に別々の通貨として扱う
  • 分岐前の通貨と分岐後の通貨に互換性が無い

 

まとめ

 

送金手数料の安さがウリの仮想通貨にも関わらず、スケーラビリティ問題のため手数料が高くなっています。

気軽に日常で使えるようになるためにはまだ先は長いかなぁと感じずにはいられません。。

次回以降は Segwit2x について説明していきたいと思います!

では(^^)/~~~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)