世界一ざっくりとスマートコントラクトについて説明する

こんにちは、1日1つ新しい知識を身に付ける中の谷のナウシカです。

今この記事では自動で契約を行う仕組み、スマートコントラクトについて初めて聞く方でも分かるようにざっくりと説明していきます!

 

 

スマートコントラクトとは

 

スマートコントラクトとググると次のように出てきます。

スマートコントラクトは、その名前の通り、コントラクト(契約)をスマートに行えるプロトコルのことです。 つまりスマートコントラクトとは契約の自動化であり、契約の条件確認や履行までを自動的に実行させることができます。

gaiax-blockchain.com/smart-contract

よく分かりませんよね。

ざっくり言うとスマートコントラクトとは、間に契約書や第三者を挟まずに行うやりとりのことです。

 

例 自販機

 

よく例に挙げられるのが自販機ですね。

お金を入れてボタンを押すと飲みたいジュースが出てきます。この一連の流れに契約書や第三者は登場してきません。

 

スマートコントラクトはブロックチェーンとの相性が良い

 

ブロックチェーンの最大のメリットは改ざんが困難な点でした。

このメリットを利用して、本来必要な契約書や第三者の役目をブロックチェーンに代わりにやってもらおうという考えです。

契約書や第三者はやりとりに不正が無いことを証明するためのものです。なので改ざんが困難という特徴を利用することでブロックチェーンが契約書や第三者の役目を果たすことができるのです。

 

スマートコントラクトによって中間業者は大打撃

 

ブロックチェーン × スマートコントラクトが実現化されると今まで契約の間に携わっていた中間業者は大打撃を食らってしまうでしょう。

例としてぱっとあがるのは売り手と買い手の間に中間業者や契約書があってめんどくさい不動産業界です。

契約の手間をめちゃくちゃ省くことができるのでスマートコントラクト応用の例として注目されています。

www.nikkei.com

 

まとめ

 

スマートコントラクトについてざっくりと理解することができたでしょうか?

ブロックチェーン × スマートコントラクトの実現が進むとそれこそ本当に “仕事が無くなる” 業界も増えてきますね。

では(^_^)/~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)