数学科の人間が行っている4ステップの論理的・戦略的思考法

こんにちは、数学科大学生の中の谷のナウシカです。

この記事にたどり着いた方は「論理的、戦略的にものごとを考えるにはどうしたらいいんだろう?」という悩みを持っている方だと思います。

ぼくは論理のかたまりと言われる数学科に所属しています。さらに、ストレングスファインダーという自己診断で上位5分の4に戦略的思考の項目が入るほど論理的・戦略的に考えることが得意です!

今回はぼくがどうやって論理的・戦略的にものごとを考えているか、センター試験を例に説明していきます!

 

目標を数字で表せ

f:id:bz-badcommunication-nak:20180112101251j:plain

ゴールを認識できないとどこに向かって進んでいったら良いのか分かりません。まずは目標を設定しましょう。

その時に漠然と「がんばる」とか「良い点を取る」みたいなのはダメですよww

必ず目標を数字で表しましょう!

 

自分も数字で表せ

f:id:bz-badcommunication-nak:20180112101807j:plain

目標を数字で表したら次に自分の現状も数字でみましょう。例えば、利益が今はいくらとか、何点取れるなどです。

そうすることで目標と現状のギャップを知ることができます。ギャップを知るのは怖いですが、最短距離を進むには避けては通れません!

 

情報を集めてパクれ

f:id:bz-badcommunication-nak:20180112102343j:plain

ネットを使えば自分と同じ目標を持っていた人がどうやってその目標を達成したのかを簡単に知ることができます

写真では考えると書いてありますが、ぶっちゃけ成功した人をパクるのが一番早いです!パクって実際にやっていく中で自分に合う方法を探していきましょう。

こうしたら上手くいくかな、この方法のが良いかなと小さくPDCAを回していくと少しずつ改善されてきますよ。

 

機械的にやることを分けろ

f:id:bz-badcommunication-nak:20180112102749j:plain

やることが決まったらあとは期間で割り振っていきます感情を入れずにたんたんと機械的に分けていきましょう。やりたくないとか感情を入れると目標を達成することはできません!

 

まとめ

  1. 目標を数字で表す
  2. 自分も数字で表す
  3. 情報を集めてパクる
  4. 機械的にやることを分ける

この順でぼくはいつも戦略的に考えています。

身に付ければ目標を数字で表すことのできるゲームは得意になりますね。センター試験なんてかなり楽なゲームですし、カタンみたいなボードゲームや実生活だと月の出費のやりくりなんかはかなり得意ですねww

ぼくが論理的思考を身に付けたのはこちらの本を参考にしたからです。

数学の好きな方、得意な方にとっては魅力的な論理的思考の本ですよ!

いかにして問題をとくか

いかにして問題をとくか

いかにして問題をとくか・実践活用編

いかにして問題をとくか・実践活用編

読んでいただきありがとうございました!

では(。・ω・)ノ゙

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)