B’zの歴史を知りたい人にオススメのアルバムを5作品紹介!

こんにちは、B’zファン歴10年のB’zブロガー中の谷のナウシカです!

今回はB’zを最近知ってまだB’zを良く知らない人に向けて、B’zの歴史を知るうえで欠かせないアルバムを5作紹介します!

 

本当は全アルバム聴いてほしいんですが、とりあえずこれから紹介する5アルバムをまずは聴きましょう!!

 

OFF THE LOCK

 

1989年発売の2thアルバム。

収録曲

  1. 君の中で踊りたい
  2. HURRY UP!
  3. NEVER LET YOU GO
  4. SAFETY LOVE
  5. GUITAR KIDS RHAPSODY
  6. 夜にふられても
  7. OH! GIRL 
  8. ROSY
  9. OFF THE LOCK

『OFF THE LOCK』の収録曲は今ライブで演奏されたら激レア曲と言われるような名曲ぞろいなのでぜひとも聴いておきましょう!

『OFF THE LOCK』を引っ提げてB’zは初めての単独ライブを行いました。制作に異例の1000時間という長い時間をかけた割にはあまり売れなかったアルバムです。後に『BADCOMMUNICATION』がヒットすると同時に『OFF THE LOCK』も注目をあびて売れ始めました。

しかし、このアルバムは稲葉さんにとってトラウマのアルバムらしいです。歌詞を書くのにかなり苦労したとのこと。後のインタビューでこうおっしゃっているほどなので相当辛かったんでしょうね、、

「曲は既に出来て上がっているのに、自分が担当する詞がまったく出来ていなかった状況に大変焦り、常に作詞のことを考えているのが憂鬱でしょうがなかった」

「また、苦労して作詞をしても周りから批評されるので、途中で投げ出して逃げたいと何度も思った」

https://ja.wikipedia.org/wiki/OFF_THE_LOCK#%E5%86%85%E5%AE%B9

パーフェクトヒューマンの稲葉さんでも最初は苦労していたんですね。

The 7th Blues

 

1994年発売の7thアルバム。2枚組

収録曲

DISC 1

  1. LOVE IS DEAD
  2. おでかけしましょ
  3. 未成年
  4. 闇の雨 
  5. MY SAD LOVE 
  6. Queen of Madrid 
  7. ヒミツなふたり
  8. Strings of My Soul 
  9. 赤い河 
  10. WILD ROAD

DISC 2

  1. Don’t Leave Me
  2. Sweet Lil’ Devil 
  3. THE BORDER
  4. JAP THE RIPPER 
  5. SLAVE TO THE NIGHT 
  6. 破れぬ夢をひきずって 
  7. LADY NAVIGATION (全英詞)
  8. もうかりまっか
  9. farewell song 

めちゃくちゃマニアックな曲が多いですが、ハードロックなB’zが好きな人はこのアルバムを愛しています!ぼくも『7th Blues』大好き派の人間です。

コンセプトとしてはかなり洋楽に近いアルバムですね。

ライブでの長髪やメディア出演の激減、いままでのアイドル感あふれる様子から打って変わっていっきにロックの方向に向かった時期でもあります。「暗黒時代」と呼ばれていますが逆にB’zの全盛期とも呼べるでしょう!

 

SURVIVE

 

1997年発売の9thアルバム

収録曲

  1. DEEP KISS
  2. スイマーよ!!
  3. Survive
  4. Liar! Liar!
  5. ハピネス
  6. FIREBALL
  7. Do me
  8. 泣いて 泣いて 泣きやんだら
  9. CAT
  10. だったらあげちゃえよ
  11. Shower
  12. Calling

『SURVIVE』は松本さんも稲葉さんもそろってB’zの最高傑作と言うほどレベルの高い作品です!

10周年直前に作られたアルバムと言うだけあって「もがいてあがいてSurviveする美しさ」をテーマにしています。B’zの素晴らしさはひたむきに音楽に取り組み続ける姿勢にあると感じているんですが、この時からずっと一貫しているんですよね。かっこよすぎます!!

30周年直前に作られたアルバム『DINOSAUR』との関連も感じられてセットで聴きたい曲です!

B’zの新アルバム『DINOSAUR』と『SURVIVE』の共通点 – ナウシカブログ

 

 

GREEN

 

2002年発売の12thアルバム。

  1. STAY GREEN 〜未熟な旅はとまらない〜
  2. 熱き鼓動の果て
  3. Warp
  4. SIGNAL 
  5. SURFIN’ 3000GTR
  6. Blue Sunshine 
  7. ultra soul
  8. 美しき世界 
  9. Everlasting 
  10. FOREVER MINE
  11. The Spiral
  12. GO★FIGHT★WIN

全体的にポップな曲調で一般ウケしやすいですね。

『Brotherhood』 や 『ELEVEN』といったゴリゴリのロックな曲が好きな人からしたらちょっと物足りないかもしれませんが、『GREEN』はこれはこれで新たなB’z路線と言えるでしょう!

『Everlasting』は本当に神曲ですね。

これだけヒット作を連発してきたB’zが「自分たちはまだまだ未熟で青二才だ」と言い切る姿に惚れてしまいます。

ACTION

 

2007年発売の16thアルバム。

収録曲

  1. 純情ACTION
  2. 黒い青春
  3. SUPER LOVE SONG
  4.  満月よ照らせ
  5. パーフェクトライフ
  6. 一心不乱 
  7. FRICTION -LAP2-
  8. ONE ON ONE
  9. 僕には君がいる 
  10. なんという幸せ
  11. わるいゆめ
  12. HOMETOWN BOYS’ MARCH
  13. 光芒
  14. オレとオマエの新しい季節
  15. 永遠の翼
  16. BUDDY 

これまでのハードロックやバラードだけではなく、ジャズやラテン調の雰囲気漂う、バレエティにとんだアルバムです。

B’zが『SURVIVE』から一貫してうったえている「ひたむきに頑張り続ける姿が一番美しい」というメッセージを強く感じます。

辛いとき、苦しいとき、一歩を踏み出す勇気の出ないときに『ACTION』を聴くとエネルギーがわいてきますよ!

LIVEでの稲葉さんの名MCも忘れてはいけません!

今回『ACTION』というアルバムを出しまして…コンセプトは「行動」です。どうしても何をやっても上手くいかない時があると思います。そんな時、周りから声かけられても前向きにはなれないと思います。でも、前向きじゃなくてもいいから、怖いと思いますが今の自分にできることを精一杯してみて下さい。怖がりながらでも、少しでもいいから、何かアクションを起こしてみてください。

アクションを起こしている姿を見てくれている人がいるかも知れない。もしかしたら頑張ってる姿に感動してくれる人がいるかもしれない。例え誰も見てくれていなかったとしても、将来の自分、10年後、20年後の自分が見てくれています。例えまた失敗に終わっても、アクションを起こしたのと、何もしないままいるのとでは僕は大きく違うと思います。必死になって生きることが大事。今日のライブが終わっても、アクションは終わらせないでください。

https://ja.wikipedia.org/wiki/ACTION#%E5%8F%8E%E9%8C%B2%E6%9B%B2

 

おわりに

 

B’zのアルバムは本当にどれも完成度が高くぶっちゃけ全部オススメしたいです!

今回はB’z初心者の人がB’zのヒストリーを実感できるというコンセプトでアルバムを選びました。参考にしていただけたら幸いです!!

せーのっ、おつかれー!!

1 Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)