開拓その① -竹林整備-

take3

 

自給自足をするうえでの最優先事項はなんだろうか。家をたてること?畑をたがやすこと?

違う。最優先事項は、土地を開拓することだ。

 

家をたてるためにも、畑をたがやすためにも、それをするための土地が必要になる。

田舎には土地があまっているが、人の手が行き届いておらず、荒れ放題になっている場所も多い。そこを開拓し、自らの拠点として使えるようにととのえていく。

 

整備していくのはこの土地。竹も草も伸び放題なのがわかるだろう。

chikurin

 

 

kaitaku

 

今日はこの土地の竹を刈っていった。

take

 

竹は生命力が強く、ほっておくとすぐに大きくなってしまう。こまめに切らないとあっというまに竹のジャングルと化す。

そんな竹を駆逐させる方法がある。上の写真のように腰ほどの高さで切るのだ。こうすることで、竹が栄養や水分を吸収しまくり、根から枯らせることができる。根元から切るのではなく、1mほどの位置で切る必要がある。(それでも根から枯れるまでには1年ほどかかる)

 

刈った竹はこのようにまとめておき、あとでいっきに燃やす。炭をつくって土壌改良につかったりする予定だ。

take2

 

今日の作業後の竹林の様子。冒頭にのせた写真と比べて、すこしだけすいた。だが、まだまだ膨大な竹がのこっている。

竹林

 

丈夫な竹がたくさん手に入ったので、いかだでも作ってゆらゆらゆれてみたい。

take3

 

では。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)