植物に成長に必要な三大栄養素とその循環

アイキャッチ画像

 

植物の成長には ・窒素 ・リン  ・カリウム の3つが重要であり、三大栄養素とよばれている。

この記事では、これら3つの栄養素についての以下の内容をまとめた。

  • 各栄養素が植物の成長にどうかかわっているか
  • 各栄養素は自然界のなかでどう循環しているか

 

基本的な内容を整理してあるので、家庭菜園で作物を育ててみたい人、あたらしく農業をはじめてみたい人の参考になるだろう。

 

三大栄養素が植物の成長にどうかかわっているか

窒素

・葉や茎の成長に必要

・窒素が足りないと、葉の色がうすくなる

・窒素が多すぎると、茎が長く柔らかくなる

 

リン

・花や実の成長に必要

・根をしっかりはらせるために必要

・リンが少ないと、花の色付きが悪くなったり、花の数が少なくなる

 

カリウム

・根をしっかりはらせるために必要

・病気、害虫への抵抗力を高めるために必要

・カリウムが不足すると、根のはりが弱くなる

・カリウムが不足すると、葉が黄ばんでくる

 

三大栄養素は自然界のなかでどう循環しているのか

 

窒素の循環

 

窒素の循環

 

植物が窒素を吸収する流れは大きく分けて2つある。1つは空気中の窒素を得る流れ、もう1つは動物のフンや死がいから得る流れ。

植物は空気中の窒素をそのまま栄養にすることはできない。そこで「窒素固定」という、空気中の窒素を吸収しやすい形 (硝酸塩など) に変えるプロセスを通してから吸収する。「窒素固定」はマメ科の植物の根にいる「根粒菌」によって行われる。

また、動物のフンや死がいは微生物によってアンモニアに変わる。そのアンモニアがまた微生物によって吸収されやすい形 (硝酸塩など) に変化し、植物に吸収される。

 

リン、カリウムの循環

 

リン、窒素の循環

 

リンやカリウムは地中の鉱物が風化することで地中にたくわえられ、それを植物が吸収している。

また、カリウムは草や木を燃やしたときの灰にも含まれているため、昔から灰が肥料として使われている。

 

以上、植物の三大栄養素の要点をしぼってまとめた。よりくわしい解説は Wikipedia (肥料の三要素) を参考にしていただきたい。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)